すれちがう若者達に あの頃の僕らを重ねた
穿梭身旁的年輕人 宛如當初的我們
やんちゃな夢に はしゃぐばかりで じゃれあうように青春を生きてたね
淘氣地追尋夢想 盡是充滿歡笑 也就如此 度過了年少輕狂
さよならをいくつか越えて それなりに大人にもなって
經歷了多少離別 我們也逐漸變得世故
笑顔はすぐにつくれるのにさ なぜなのかな うまく泣けない
明明強顏歡笑已非難事 卻不知怎的 無法坦率地宣洩悲傷

「あなたはそのままでいてね」と
「維持你原來的樣子就夠了」
冬が終わる日に君は言った
那年的冬末你如是說
はぐれていくその手を僕は握り返せなかった
但我卻無法再次緊握你逐漸鬆開的手
雪はただ舞い落ちて “それぞれ”がはじまる
隨著雪花翩翩落下 我們也各奔西東

きっと僕らが生きる明日は
未來肯定有困境在等著我們
悲しいけどもうひとつじゃない
雖然艱難也不必孤軍奮戰
それでも君がくれたぬくもりだけが胸にあるんだ
你溫暖人心的鼓勵 我會銘記在心
僕らがみたのは 青春のすべて 忘れはしないよ 季節が変わっても
我們所經歷的 是青春的一切啊 無論四季如何交替 我也不會忘記

起きがけのニュースで知った いつのまにか桜が咲いたと
看了晨間新聞才發現 櫻花早在不知不覺中盛開
鞄を手にして部屋を出ていく この春に君はもういない
我整頓好行李 在這個沒有你的春天離去

「これまで」を忘れたいわけじゃない
我並不是想忘了至今的回憶
「これから」を想って生きたいんだ
而是要認真地朝未來邁進
だからこそ もがいて あがいて 自分なりをつかんで
才會如此奮不顧身 掙扎著也竭盡全力
君が知らない未来をひとりで歩くよ
獨自走向未知的明天

そして僕はなんどもその手を 思い出して泣きそうになって
或許我時不時會想起你 而因此潸然淚下
「情けないな」と悔しがって また前を向くんだろうな
不甘心地感嘆著自己的無能為力 仍然無悔地子續前進
戻らない日々を 悲しみはしないよ あの日の僕らは そう笑っていたんだ
對於那些回不去的日子 不再感到哀愁 因為記憶中的你和我 是多麼鬧騰地歡笑著呢

いつの日にかまた春がきたら 今度こそはちゃんと伝えるよ
待來年春臨之時 再好好地向你坦白
君に出会えてよかった 僕は明日を生きている
能夠遇見你是我三生有幸 也因此有了生活的動力
僕らがみたのは 青春のすべて 忘れはしないよ 季節が変わっても
我們所經歷的 是青春的一切啊 就算四季更迭 我也會永遠記得

失焦星人 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()